役員紹介


山下 哲生
代表取締役会長

1978年 大蔵省(現 財務省)入省、二国間・多国間ODA業務に携わる。
1981年~1996年 野村證券に在籍、1996年4月に香港にて有志2人と起業、後の日本アジアグループ株式会社は2015年に東証一部市場に上場し、2020年には売上高1,000億円、従業員5,000人の規模に成長。その間、代表取締役社長、会長を歴任し、2021年に同社を未上場化し、吸収分割にて日本アジアグループ株式会社から再生可能エネルギー事業と測量事業を除くすべての事業の受け皿となる当社を設立。
2021年11月16日に代表取締役社長を辞し、会長に就任。旧役職員、傘下事業会社全役職員と共に、「第二の創業」に向かう。
慶應義塾大学商学部、法学部(政治学科)卒業、野村・Wharton Business SchoolにてMPTコース、及びMcKinsey & Co にてMBIコースを修了


西田 信一
代表取締役社長

1989年山一證券株式会社入社。1997年、山一香港時代に山下哲生と出会う。
パートナーズ投信株式会社を経て、2002年山下が経営する日本アジアグループ株式会社の中心企業であった日本アジア証券株式会社に入社し投資銀行業務をリード。
2010年グループ本社に移籍、財務開発業務の責任者として再生可能エネルギー事業拡大に尽力。2012年運用子会社JAGインベストメントマネジメント株式会社を立上げ、代表取締役社長として同事業の資金調達を指揮しグループの稼ぎ頭の一つに成長させる。2020年日本アジアグループ株式会社取締役財務部長に就任。同社取締役CFOとしてコア事業の売却後の残余事業を束ねて「第二の創業」に赴くための環境整備を担った。
2021年11月16日に当社代表取締役社長に就任。日本アジアグループ株式会社から再生可能エネルギー事業と測量事業を除く事業のすべてを承継、新たな「船出」をリードする。
1989年関西大学文学部卒業。